FC2ブログ
流行ものには乗っておきましょう!?
あまりノンビリしていると回りからネタバレ攻撃が来そうなので、頑張って観て来ました♪

IMG_0749_201906191026432c4.jpg

いつの間にやら資料提供だか製作協力だか判りませんが、関係者の末席に名を連ねて
居りますので宣伝活動もせねばなりますまい。
・・・とはいえ、女子高生が戦車道を通じて青春を謳歌するスポコンアニメ?はまだまだ
元気で、当方の宣伝とは関係なく順調な滑り出しのようです。
内容に触れるとネタバレしますし、歯がゆいのですが、とにかく劇場へ行くべきでしょう!

IMG_0751_20190619102646bc3.jpg

静岡県東部では沼津でしか上映していませんので、鑑賞前の腹ごしらえは久しぶりの
「豚平」で手打ちらーめん。安定感がありますので安心して食べられます!
そう、まるでガルパンのような?いな、ガルパンが「豚平」のような王者の風格があるの
です。

IMG_0750.jpg

脇役がしっかりしていることも重要です。やはり手打ちラーメンには半チャーハンが欠か
せないように、今回も知波単学園が大活躍します。
ラーメンをすすって、チャーハンを一口、そしてラーメンスープをぐっと飲む。その繰り返
しにも似た波状攻撃が今回の知波単学園の見どころでしょう。

というこで、美味しいところだけギュッと満載のアニメ「ガールズ&パンツァー」最終章
第二話は絶賛上映中です!
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201906191037
デロリアン整備完了か!?
一年半に渡って国内新規登録に向けて整備進行中のデロリアン。
こうやってリフトアップされているとタイムマシン感がありワクワクしますね♪

IMG_0742_20190618162850d82.jpg

いよいよ完成かと思いきや、完成検査でウィンドウォッシャー液が出ないことが判明(*´з`)
分解してみるとポンプの駆動モーターが水没でお亡くなりになっていました。
これもデロリアンにはお約束のマイナートラブルでして、水没の原因となるウォッシャータン
クカバーの小さな水抜き穴を大きくして対策。もちろんモーターは新品に交換です。

IMG_0741.jpg

せっかくリフトアップしてあれば、覗いてみたいのが男心というやつでして・・・
やっぱりこの個体はスッキリ綺麗であります♪
1981年の製造から実走行1万キロ以内というのは伊達ではありません!


IMG_0738.jpg

なぜか冷却水パイプに針金で固定されていた燃料フィルターも、正規の金具を入手して
純正位置に戻しました。もちろんフィルターも新品交換済みです!
しかし、冷却水パイプに燃料フィルター巻き付けたらガソリン加熱されてパーコレーション
起しそうで怖いのですが、なんでそんな状態になっていたのか?謎ですね(◎_◎;)

これでいよいよナンバー登録に向けて動き出すことになります!

実質ワンオーナーで、新車購入時の書類まで残っているコレクターアイテムのデロリアン
を国内新規登録で入手するチャンスです!ご興味あるかたは左のメールフォームからお
問合せください。

1981年式 DMCデロリアン 中期型 MT車
内装グレー 基本的な各部対策整備済み(保証なし)
予備検査付 車両本体価格1000万円(消費税別)


別窓 | カマド本社 | コメント:0 | トラックバック:0
201906181641
M274A5メカニカル・ミュール売ります!
縁あって昨年初頭にまとめて8台のデッドストックを購入させて頂いたメカニカル・ミュール。

1台は本当に工場出荷状態でそのまま保管展示し、1台は外観はあえて修復しないで、機
械的な部分のみ修理して当時の雰囲気での動態展示用に確保します。

すでに3台は販売済みなので、残る3台を如何しようかと思案しております・・・(*´з`)

m274a5.jpg

3台ともに写真のような仕上がりになります。タイヤ4本は新品交換済みなのはもちろん、
ワイヤー類やケーブル、ブレーキ関連など消耗部品も新品交換済み、エンジン一発始動
です!試乗も出来ますのでお問い合わせはこのブログ左側のメールフォームよりお願い
致します。

今回販売する1台を除き、2台は開設準備中の防衛技術博物館の構内移動用に取り
置きするつもりなので、販売分はこれが最後の一台となります。

書類付きなので市役所の小型特殊ナンバー付きですが、公道を走るためには灯火類など
使用地域の条例に基づいて道交法適合状態にする必要があります。

車両価格は180万(税別)となります。

気になる方はお気軽にお問合せくださいませ('◇')ゞ
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201906170925
大阪くいだおれ備忘録「じん田」♪
今回の大阪行きにはカマド販売部田代さんが同行しました。
田代さんが大阪に行くとかなりの高確率で話題に上るうなぎ屋さん「じん田」さんに連れて
行ってもらうことが出来たのでレポートします。

IMG_0723.jpg
まずはおつまみの白焼きからお手並み拝見(^^ゞ
表面パリパリで、中身はふっくらのでわさび醤油でいただきますと美味♪
午後から予定があるので、ビールを注文したいところをぐっとこらえるのが大変でした!

IMG_0724_20190614135131588.jpg
うなぎ「じん田」さんの大将は田代さんの高校時代の後輩なのだとか・・・
これは今後技贔屓にしないわけにはいきませぬ(*´▽`*)

IMG_0726_20190614135132b4b.jpg
うな重も表面パリパリの関西風です。お店もこざっぱりしており、接待にもデートにもお勧め
ですが、場所が判り難いのが難点といえば難点。
隠れ家的でもありますので、常連の振りして伺えばポイント上がるかもしれません!(^^)!

大阪環状線の「天満駅」から徒歩5分程の好立地。

次回も頑張って辿り着けるように、備忘録として記させて頂きました♪
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201906091040
ホビーショップ「ガネット」さんは凄い!!
先般の大阪訪問の目的のひとつに、兵庫県西宮のホビーショップ「ガネット」さんへの
お礼参りがありました♪

IMG_0728_20190614135134108.jpg

こちらが夙川駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅街にある「ガネット」さん。
よく見れば看板の横には名物の大木店長です!

どれくらい名物かと言えば、戦車里帰り企画のチラシを置いてもらうのに、どこのお店が
良いか?と考えていた自分に田宮俊作会長が「元気の良い模型店と言えばガネットさん」
とお勧めしてくれるくらい凄いお店なのです。

IMG_0729.jpg

想像ですが大木店長はショップの名前からも判る人には判るとおり、飛行機模型の人。
マニアックなお店はスケールモデルのみの取り扱いで、大人の雰囲気漂う品揃えです。

でもでも、地元ではミニ四駆の先生として有名な大木店長は、いろいろなことを仕掛けて、
10年先を睨んだ経営活動をされて居られます。

はじめて一緒にお酒を呑みましたが、夢を夢で終わらせないという共通の目標に向かっ
ていることで大いに盛り上がりました!!

IMG_0722.jpg

でもって、せっかくの大阪ということで小寺広報理事を深夜の梅田駅に呼び出して反省会
と言う名の二次会を決行!
食いだおれの街の夜は更けて行くのでした♪
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201906071039
ライオンズクラブ「富士山植樹例会」
毎年6月第一水曜日は御殿場ライオンズクラブの富士山例会です。
本年度は司会進行役のライオンテーマーを仰せつかっておりますので例会準備も行いま
す。・・・とりあえず雨が降らないで良かったです(^^ゞ

IMG_0709.jpg

ライオンズクラブメンバーと、御殿場西中学校2年生、地元ボランティを合わせて総勢200
名程で、3000本のバッコウヤナギの苗木を植樹しました。

IMG_0714.jpg

30年前は目の前の緑はほとんどなく、荒漠とた砂斜面だったことを考えると、僅かづつで
はありますが、植樹活動の成果を感じます。自分は7回目の参加となりますが、毎年の積
み重ねの大切さを実感する一日となりました。

IMG_0720_2019061008371363e.jpg

中学生と富士山斜面を駆け回り、いい加減アラフィフ小父さんにはつらいよ~と悲鳴を上げ
ながら新幹線に飛び乗って大阪へ移動💨

夜は梅田の和翔栄さんにて恒例の「ひまわりコーポレーション」大堀社長と情報交換会!
2人で奈良のお酒を空けてしまったのは内緒です(笑)
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201906061038
第54期経営計画発表会を開催しました!(^^)!
去る6月3日(月)に御殿場駅前のザ・ゴテンバカンさまにて、第54期カマド経営計画発表
会を開催しました。

IMG_2987.jpg

今年も弊社お取引先の社長、担当者さまをお迎えして、今年1年間のカマドの活動方針を
お伝えし、様々な活動に対してのご協力をお願いするのが目的です。

IMG_3002.jpg

昨年から始まった社員表彰を今年も開催。カマド社員投票によるMVPにはお客様係の古
地さんが2年連続受賞となりました。

IMG_3019.jpg

昼食懇談会では、昨年度入社した新入社員紹介で5名が登壇。
新卒入社1名、中途採用4名の中で一番フレッシュでない年長者が挨拶しました(笑)

毎年お誕生日と重なって、何かと慌ただしい本会はカレンダーの巡り合わせの関係で、今
年はずれてくれましたが、特段楽になるわけでもありません。

今回で5回目の開催ということで、ちょっぴりマンネリ化の懸念もあるので、来年は少し開
催方法を変えてみようと思います。

いずれにせよ、今期も社員一同がんばりますので、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。
別窓 | カマド本社 | コメント:0 | トラックバック:0
201906041037
デロリアン整備日報、5月28日の巻
判る人にしか判らない、メカニカル・インジェクションシステム。
キャブレターでもない、電子制御でもない知恵と工夫が詰まってますが、厄介な代物だっ
たり・・・
IMG_0634.jpg
下には高品質リプロダクション部品のウォーター・ポンプも見えますね。

でもって、エアーミクスチャー用の調整ネジのゴム栓も対策品。

メーカーでは触るな!ということで、封印してありますが、排ガス対策などなどで調整す
るために封印取ってある個体が多いのです。そこから空気が入ると、空燃比が狂っちゃ
うのは意外と知られておらず・・・ということの対策品です。

IMG_0632_20190530215729876.jpg

写真真ん中の針金状の金具の先端がゴム栓になっているのです。これ付いていない
個体は要注意です!

IMG_0653.jpg

デロリアンの外見的特徴はもちろんステンレス製ボディーです。

ロータス社製のエックス・ボーンフレームの上にFRP製のインナーボディーが架装され、
ステンレス製のシェルが貼り付けられている感じなのですが・・・

そのインナーボディーの中も可能な限り清掃してみましょう!とKメカが手を入れてみ
ると・・・何かが落ちています(◎_◎;)

大きさからエアーインテークの取り付け穴をホルソーで開口した際の切れ端でしょうか?
もちろん新車メーカー製造ラインでの置忘れ?あるいは面倒なので拾わなかった?

・・・まあ、欠陥車の烙印を押されてメーカーが倒産しただけのことはあると、妙に納得し
ちゃう訳ですが、やはりデロリアンは判った人が手を入れてない個体は危険ですね!

さて、この個体もいよいよゴールが見えてきましたが、もう少しマイナートラブル防止の
ための整備にお付き合い頂きましょう・・・(つづく)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
201905302214
はじめての黒四ダム♪
本年度は御殿場ライオンズクラブのテーマーを務めて参りました。
なかなか忙しかったですが、勉強させて頂いたことも多くて6月いっぱいでお終いになる
のが寂しいような、嬉しいような複雑な気持ちです・・・本当に忙しい一年でした(*´▽`*)

IMG_0660_20190528180838489.jpg
その一年の締め括りである複合地区年次大会出席のため、富山県に行って来ました!

まあ、難しいお話は抜きにして、初めての富山県ご一泊でホタルイカや白エビを堪能した
翌日は帰り道の観光がなんと立山黒部アルペンルート♪

IMG_0676_20190528180840ad4.jpg

富山県側から長野県側へ向けて立山駅から出発して、美女平経由で室堂へ!

IMG_0679_20190528180832092.jpg

標高2400メートルへ向けてどんどん上がって行けば、北アルプスの山並みに自分が入っ
て行くという素晴らしい体験に感動!

雪がある!

そこにも!あそこにも!

なんて言ってるうちに、テレビなんかでよく見る雪渓を通過して室堂に到着です(^_-)-☆

IMG_0681.jpg

ここからロープウェイで一気に黒四ダムまで下って行くのですが、映画「荒鷲の要塞」を
彷彿とさせる命が危ない感じがヒシヒシとする乗り場から下を覗くと、いろんな意味で
キュンキュンします(*´з`)

IMG_0689.jpg

幸か不幸か満員の車内中央に追いやられ、真下を覗き見ることも叶わず、中国人観光
客に囲まれながら一気に下車しました(◎_◎;)

IMG_0696_2019052818083773f.jpg

ダムから下を覗いてみましたが、やっぱりいろいろキュンキュンしちゃたので、一休さんよ
ろしく真ん中を男らしく闊歩しました(笑)

小学生の頃から憧れていた黒部ダムに降り立ったアラフィフ社長は、すっかり高いところ
が苦手になっており、やはり子供の頃に来たかったと過ぎし日の少年の日々を想い返す
のでした・・・

まあ、まだまだ出来ることはいっぱいあると思うので、動けるうちに出来ることをしっかり
やり切ろうと決意を新たに、黒部ダムを後にしたのでした。おしまい。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201905281827
「木で軍艦をつくった男」の読後雑感など
子供のころ(小学校6年生くらいか?)に年末テレビの洋画劇場で放送されていた「トラ・ト
ラ・トラ」を始めて見た時には、まったくもってその凄さが判りませんでした。

大学生になり、映像を真面目にちょっぴり勉強したときに、見直した「トラ・トラ・トラ」には、
まごうことなき戦艦長門がオープニングでこれでもかと登場しており度肝を抜かれました!

IMG_0639.jpg

この映画が公開されたの1970年(昭和45年)は自分が生まれた年でもあり、当時の世
相や雰囲気は当然知りませんが、肌身に感じるレベルで想像は出来ます。

CGや特撮合成技術が発達した現在とは違い、当時は本物を使うか実物大のセットを造
るしかあの画面を創り出す方法はありません・・・

そして平成も終わるころになって、自分にとって長年の疑問であった実物大戦艦長門を
つくった映画美術監督さんへの取材を基に構成された本に巡り合うことが出来ました!

IMG_0652.jpg

あたりまえですが、公開当時のパンフレットにはまったく触れられていない、企画から撮
影開始直後の監督交代を含むバタバタ劇はどのようなモノだったのか?

あの黒澤明監督が当初の予定通り撮影していたら、どんな映画になったのか?

死んだ子の歳を数えるような非生産的な妄想とは判っていても気になって仕方ないこと
の内、かなりの部分がスッキリしました。

しかし、自分と同じく・・・否、自分などと比べ物にならないくらい熱く、深く映画史の掘り
起こし作業をされて居られる萩野正明さんは素晴らしい仕事をされていますね。

クロサワ映にゆかりの地である御殿場在住の身としては、風化する撮影当時の記憶や
記録をなんとか残して行きたいと思うのでした。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201905251743
| 社長の小部屋 | NEXT

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].