工場内点描
デロリアンのパワーウンドーは、当時の部品の信頼性が低くて作動不良が多い部分です。
最後まで上がり切らない、ガラスがズレて傾いて締まり切らない、モーター作動音がガリ
ガリと大きい、上り切ったり下がり切ってもモーター作動が止まらない等の症状が出ている
個体が多いです。
IMG_8968.jpg
この個体も程度は極上とはいえ、モーター作動異音あり、ガラスがずれて上がる症状あり、
対策品のレギュレーターASSYと交換をすることになりました。
しかし、DMC-Jさんから送られ来た部品は、専用部品ではありませんし、説明書もありま
せん。電話で取り付け要領を聞いても良く判らん!と、Kメカが悩んでおります。
そんなに上を見ていると首痛くなっちゃいますよ~(; ・`д・´)
IMG_8976.jpg
なんやかんやで、無事にパワーウインドーレギュレーターの交換が終わり、今度は左右の
ガルウイングの開閉圧力調整です。
専用工具を使って、トーションバーの張力調整したところ、ガスショックダンパーがそろそろ
寿命の様です。これも販売時には交換ですね・・・
こんな感じで、対策部品をひとつづつ交換しておりますので、完成までにはまだまだ時間が
掛かります。もともと素性の良い車なので、仕上がればかなり言うことを聞いてくれる個体に
なると思います。夏休みに間に合うかな?( `ー´)ノ

IMG_8953.jpg
M274A5メカニカルミュールもそろそろエンジン始動テストかな?と思いきや、火が飛ばない、
圧縮が上がらないなど、満身創痍・・・
やはり30年間放置は機械には厳しいようです。
IMG_8954.jpg
アワーメーターでは3時間しか稼働してない個体ですが、マグネトーから電気が生まれません。
分解してみたらギヤーも新品同様です。このあと完全にバラバラにして、接点を磨いて再度
組み立てたら無事に火が飛ぶようになりました♪
ということで、エンジンの圧縮が出ないのは、オイルが上がってこないことが原因かと思われる
ので、オイルパンを外して、オイルストレーナー点検から始めることになりました・・・
こちらももう少し時間かかりそうですね( ゚Д゚)
別窓 | カマド本社 | コメント:0 | トラックバック:0
201806190919
6月も半分終わりました・・・
寒暖の差が激しい御殿場高原ですが、16日(土)は御殿場ライオンズクラブの
先輩方が毎年開催される「蛍を見る会」に参加しました。
IMG_8973.jpg
これが冷たい雨に祟られて、蛍は出ないはバーベキューの火から離れられないは
という残念な結果に・・・
とはいえ、参加者の皆様はその分美味しいお肉と海鮮に舌鼓を打ちながら、会話
も弾んだ様子。忙中閑ありの夕べとなりました。

IMG_8972.jpg
こちらは富士山GOGOエフエムさん先週の放送分「戦車でGOラジオ社長の小部屋」
で触れた、今月号のアーマーモデリング誌モリナガ・ヨウさんのイラスト。
静岡ホビーショウのカマドブースの様子ですが、写真と見比べてどの子か判りますか?
IMG_8702_20180618101221bf4.jpg
実は自分も登場してますが、ネットには上げてません(笑)
気になる方は書店にGOなのです♪
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201806181013
九五式軽戦車実物大プロップ展示予告!
IMG_0077.jpg
アメリカTVドラマ「ザ・パシフィック」撮影のために製作された九五式軽戦車実物大模型。
本物の九五式軽戦車里帰りプロジェクト告知のため、この夏各地で展示を計画しします。

まず、第一弾は6月17日(日)富士スピードウェイで開催されるインタープロト第一戦です。
詳しくはこちらから!

続いて7月29日(日)幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバル会場内展示。
詳しくはこちらから!

10月29日(土)、30日(日)に東京ビックサイトで開催される全日本模型ホビーショーでも
展示調整中です。
詳しくはこちらから!

また、7月21日(土)午後に大阪にて、8月4日(土)午後に東京にて、九五式軽戦車里帰り
プロジェクトの説明会と、NPO法人防衛技術博物館を創る会活動報告会を予定しており
ますので、皆様奮ってご参加くださいませ。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201806130937
日本軍九五式軽戦車の里帰りプロジェクト始動!

昨年秋、NPO法人防衛技術博物館を創る会の賛助会員である、シカゴレジメンタルス
の宮崎社長からお電話が掛かってきました。
閉館された嵐山美術館から2004年にイギリス人に買い取られ、欧州に渡った「九五式
軽戦車」を買い戻す気があるか?という内容でした。
もちろん気持ちは満々ですが、先方の売却希望価格が約一億円という個人ではどうに
もならない金額であったため、もろもろ計画を立て、去る3月12日に欧州にて現物確認
と売却交渉を行いました。
hago9.jpg
その結果、一口10万円で1000人の方からご支援を頂き、なんとか日本へ里帰りさせよ
うということでNPO法人防衛技術博物館を創る会理事会で決し、5月10日にプレスリリ
ースさせて頂きました。

早速に産経WESTさんや、HUFFPOSTさん静岡新聞さん乗りものニュースさんに掲載されました。

hago11.jpg
こちらが7割ほど修復が完了した、九五式軽戦車。2005年から10年以上に渡る修復
作業の結果、新車時と同様の機能が復活しつつあります。
hago14.jpg
操行装置は修復は完了し、あとはエンジンの搭載と内部艤装をまつばかりですが、問題
は燃料噴射ポンプが修復不可能なレベルまで壊れていることです。
Injector Pump 当時の純正品
元々がボッシュ製品のコピーなので、ドイツ製の部品で置き換え修復も可能ですが、今回
の修復作業の趣旨から外れます。可能なら当時の日本製の部品を使いたいとのこと。
どなたかお譲り頂ける方はいらっしゃいませんでしょうか?
当時の燃料ポンプの寸法スケッチ

燃料噴射ポンプの位置が、ちょうどバッテリーの真上であり、塩素ガスで軽合金の腐食が
酷くて再利用できません。現地スタッフの手書き寸法図からも、なんとかオリジナルを入手
したいという気持ちが伝わって来ます!!
三菱製空冷ディーゼルエンジンA6120VDe用の燃料ポンプは、製造された時期と、メー
カーにより違いがあり、以下の通りです。「三菱A690RR型」「三菱E型」「新潟鐵工AL6L型」
「神戸製鋼L-5型」
今回付いていたのは三菱製A型とのことでが、上記いずれかのオリジナルであれば型は問
いません。また、神戸製鋼の「L-5型」は昭和40年ころまで生産されていた銘板が確認でき
ますので、戦中に拘らず、捜索範囲を広げて頂きたいです。

ここに噴射ポンプ付きます
当時の三菱空冷ディーゼルエンジン本体のオーバーホールは既に完了しています。
ここに燃料ポンプが付けば、往年のサウンドを響かせて再び動き始めます♪

皆様のご支援、ご協力をお待ちしております!!
ご支援申し込みフォームは、このページ左のメールフォームよりお問い合わせください。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201805301952
第57回静岡ホビーショー2018終了♪
今年も無事に静岡ホビーショー終了しました。
お陰様で大好評だった弊社展示ブースのコンセプトは・・・
IMG_8690.jpg
タミヤMM1/35スケール旧版シュビムワーゲンのボックスアート再現と・・・
IMG_8711.jpg
同じく1/35スケールM16スカイクリーナーのボックスアートの再現展示です。
タミヤロゴマーク使用の許可を田宮俊作会長に頂戴したのは半年前の、昨年末。
この展示に間に合わせるために、スカイクリーナーの修復作業は進められました。
マーキングの数字もプラモデルと同じなんですが、皆さん気が付いてくれましたか?

IMG_8703.jpg
業者日には箱絵を描かれた大西先生が見学にいらしていたので、箱絵のポーズで
記念撮影をお願いしました♪
IMG_8707.jpg
同様にM16を描かれた島村先生も快く記念撮影をお願いしました♪
これは想定外にカッコ良い仕上がりになりましたよ~!(^^)!
IMG_8702.jpg
今回、初の試みとしてアシスタントを手配しました。
実は数年前から温めていた企画なのですが、コスプレーヤーさんにお願いしようか?
プロのキャンペーンガール事務所にお願いしようか?とか考え始めると、一長一短で
なかなか考えが纏まらずにいたところ、自分が毎週木曜日18:40から放送でお世話
になっている富士山GOGOエフエムにパーソナリティー高橋裕一郎さんから、面白い
提案を頂きました。高橋さんが講師を務める静岡ヒューマンアカデミーの卒業生は俳
優や声優を目指して活動中なので、修行の場所にもなるし、モチベーション高いです
よ~とのこと。

結果は皆さんごらんになって頂いた通りで大成功でした。
4日間頑張ってくれた4名は本当に前向きで、お客様への対応も素晴らしかったので、
このパターンはカマドブースの定番にしたいと思うのでありました('◇')ゞ

車両展示にご協力いただいた、埼玉県のY様。M16修復と米軍衣装貸し出しにご協
力頂いた群馬県のKTアーツ様。土砂降りの雨の中、車両輸送にご協力いただいた
御殿場の勝間田重機様。わがままな展示希望にご協力いただいた静岡模型協同組
合様とロゴマーク仕様を快諾頂いた㈱タミヤ様。最後にご来場いただいたすべての
皆様に感謝を込めて「ありがとうございます!」m(__)m
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201805140906
ゴールデンウィークですね~
みなさまはゴールデンウィークをどの様にお過ごしでしょうか?
カマド本社では毎年恒例の静岡ホビーショー出展に向けて、追い込み作業が始まりました!!
IMG_8662.jpg
まずは半年間の眠りから、一発始動で目覚めたホワイト社エンジンの快音と共に、M3ハーフ
トラックを本社工場へ移送します。重機運搬車での運搬ですが、自走で積み込み出来る車両
は楽ちんです♪
しかし、半年放って置いてもエンジン一発始動とは・・・アメリカと戦争してはなりませぬ!!
IMG_8666.jpg
工場に入渠後は、こちらも半年ぶりにM45クオッドマウントを搭載しました。
いよいよスカイクリーナーの形になって参りました!!
5月12日(土)、13日(日)はツインメッセ静岡で開催れる、第57回静岡ホビーショー会場で
お待ちしておりますm(__)m
IMG_8664.jpg
そして5月4日(金)19時~20時は、地元コミュニティーFM「富士山GOGOエフエム」さん
の特別番組「小林社長の与太話60分一本勝負!」をお送りする予定です♪
御殿場市域外の方も、インターネットで聴取できますので、是非ともお聞きくださいませ!
毎週木曜日18:40から15分お送りしている「戦車でGO!ラジオ社長の小部屋」
も聴いて下さいね~♪
別窓 | カマド本社 | コメント:1 | トラックバック:0
201804290946
デロリアン整備日報その1
豊橋のデロリアン専門店DMC-Jさんから届いた大量の部品を、メカニックK君がチェック中です。
IMG_8599.jpg
1981年から1983年まで生産されたデロリアンDMC-12は、その後に映画の主人公?に大抜擢された
ことで名車(迷車)の殿堂入りを果たし、今日でも世界中の愛好家の手によって大切にされています。
そんな理由で幾つかの専門店が現在でも部品供給してくれますし、対策部品も販売してます。
そもそも欠陥車ということでメーカーが倒産した問題ありありの車です。
対策部品に関しても玉石混交で、専門店の知見を活かさない手はありません!!

IMG_8603.jpg
まずはトランクやエンジンフードの完全にガス抜けしたダンパー交換から・・・
これでやっと一人で開閉作業が出来る様になりました(*´▽`*)

IMG_8601.jpg
エンジンカバーのステーは、ロック部分がプラスチックなので破損している車が多い
とは聞きますが、教科書通りの壊れ方をしてました・・・これも交換です。

IMG_8605.jpg
左右ドアのヘッドライナーは経年劣化で布が剥がれて垂れちゃってます。これは修復
が難しいと判断し交換のためにBPフロント白須さんが取り外すと・・・

IMG_8606.jpg
ROYさんがプレスリー?の落書きしてあります(笑)
数字は部品の管理番号ですが、マジックで直書きというのも凄いですね!!

外車では良くあることだと聞きますが、特にデロリアンには多いそうで、他にも何かありそう
ですから、作業の進み具合に応じての発見が楽しみですね。

デロリアンはGM社の副社長をしていたデロリアン氏が独立して創業したメーカーです。
映画「タッカー」でも新規参入に対して、ビッグスリーと呼ばれる老舗メーカーの嫌がらせ
が描かれていましたが、デロリアン氏も同様でした。
そこで、イギリス政府の補助金事業に乗っかって、アイルランドに工場を建設したのが大きな
間違いであった訳です。品質管理や製造効率がアメリカ本国とは比べようもなかったことは
言うまでもありません。そんな歴史背景を考えれば、ROY君の落書きも笑ってられませんね。
別窓 | カマド本社 | コメント:3 | トラックバック:0
201804240949
桜も散って・・・
今年も順調に過ぎ去って行きます・・・
やっと暖かくなって来たと思えば、花見もしないうちに御殿場も葉桜になりました(*'ω'*)

うららかな御殿場高原に所在する御殿場高原ビールさんの駐車場では、カマド出版部で
鋭意製作中の軍用メカシリーズ第二弾は「キューベル&シュビムワーゲン」の撮影を敢行
したのであります( `ー´)ノ
DSC_0440.jpg
難儀な社長と骨董四駆取扱所の番頭によるシュビムワーゲンのメカニズム解明の図(; ・`д・´)
実際に新車同様のコンディションである個体を試乗することで、様々な気付きや発見があります。
取材のお許しを頂いたオーナー様に大感謝であります。

IMG_8562.jpg
撮影を終えて会社に戻ると、静岡ホビーショーに向けて修復中のM45ガンマウントの仕上げが
終わっておりました(*´▽`*)
あとは車体に取り付けてマーキングを施せば、いよいよツインメッセ静岡への進出を待つばかり
であります('◇')ゞ
・・・っと、そのまえに足回りの面倒な部品を一つ交換しなくては・・・
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201804161706
デロリアン入荷しました♪
カマドで輸入でアメリカから初めての車両輸入です♪
その記念すべき第一号は、やっぱりこれですねのデロリアンDMC-12の中期型です(^_-)-☆
デロリアンバイヤーズガイド日本語版を弊社より発売して以降、輸入取り扱いについて
水面下で検討しておりました。
IMG_8499.jpg
豊橋にデロリアン専門店「DMC-J」さんという老舗もあり、弊社が出しゃばってもなあ~と
数年来どうしようか思案していたところ、DMC-Jさんは個人経営ということもあり、修理台数
や取り扱い台数におのずと限界もあり、輸入販売については弊社で販売協力店として動い
てみようかという話になって、今回の実験的な輸入と相成りました。
IMG_8516.jpg
アメリカでも発売から30年以上経過したデロリアンは、中古車市場では高額で取引されてお
り、その程度もピンキリです。
今回輸入に踏み切った一台は、実質ワンオーナーの車庫保管。所在地は乾燥したカリフォ
ルニアで走行距離1万kmとくれば素性は問題ありません。
しかし、もともとが欠陥車でメーカーが潰れた車ですから、本当はマニアが修理しながらガ
ンガン乗り回しいている車が調子が良く、車庫で眠っている車は買ってからが大変という
パターンなのです。
ごらんの様に、エンジンも綺麗ですし、ゴム系の部品はそれなりに交換され手入れもされ
ています。
IMG_8515.jpg
・・・が、メカニカル・フューエル。インジェクションポンプの濃度調節機構などは対策品に
交換されませんし、その他の部品もあえて新車状態のままという個所が多いです・・・
IMG_8519.jpg
クラッチマスターからレリーズに伸びる黒いホースが、ラジエターホースと一緒に取り回
されていますね。これは頂けません。ラジエターホースから熱を貰って、クラッチフルード
とホースが温まれば、クラッチが切れなくなります!!
もちろんステンレスメッシュ製の対策部品が発売されておりますので、交換が必要です!
こんな感じで、ひとつづつ、ちゃんと走れるように改善対策部品へ交換して行きます。
修理が終わるころには、愛着が湧いて売りたくなくなるパターンですね・・・キケンです(笑)
別窓 | カマド本社 | コメント:0 | トラックバック:0
201804111140
花のお江戸で桜見物♪
4月1日は慌ただしく、皆さんを楽しませるネタなど仕込む暇なくお江戸へGO!
IMG_8446.jpg
お世話になっている、京橋伊勢廣さん田町の船宿ゑびやさんとタッグを組んで企画して
いらっしゃる日本酒を飲む会にお誘いただ来ましたので、万難を排して駆け付けました💨
IMG_8447.jpg
なにしろ酒の肴はご覧のとおり、伊勢廣さんの焼き鳥なんです!(^^)!
IMG_8461.jpg
そして気になるお酒は、静岡は清水の三和酒造さんの「臥龍梅」の飲み比べ!
しかも蔵元の鈴木社長の解説を拝聴できるばかりではなく、自らお酌して下さる大サービス!!
水先案内人は伊勢廣店主の星野さんかと思いきや、JWAVEのパーソナリーにして、利き酒師の
レイチェル・チャンさん💛
やっぱり江戸っ子は粋ですね~、星野さんの司会より10倍癒されます(笑)
IMG_8451.jpg
今回は縁あってファシリーティードッグのご説明がありました。
NPO法人シャイン・オン・キッズさんについて、詳しくはこちらから🐶
IMG_8453.jpg
隅田川を満開の桜を眺めなら言問橋まで遡上して、まったりと日本酒を頂きます🍶
IMG_8455.jpg
余興はナオミ・カンデルさんの落語・・・本人曰く下戸とのことですが、見ている酔っ払い以上に
酔っ払いらしく噺してました~( ゚Д゚)
なんでも本業なナレーターさんだとか・・・4月から地上波に移ったフジTVプライムニュースの
夕方の特集枠をオーディションで勝ち取ったとのことで、元気いっぱいでした♪
割烹着はゑびやの若女将、可愛いですね(^_-)-☆
IMG_8459.jpg
しばらくすると、小舟が手をぶるんぶるん振りながら近づいて参りまして、何かと思えばアイスの
行商人さんです。
うろ屋さんという昔ながらの御商売なんだそうです。いろいろ勉強になります。
IMG_8463.jpg
レイチェル・チャンさんでもなく、ナオミ・カンデルさんでもなく、蔵元にツーショットお願したら
回りが爆笑してましたが、個人的には3年前に日本酒デビューする切っ掛けになったお酒
を造っている人ですから、神様みたいな方です。
あっ、もちろん性的趣向はノーマルですよ(笑)
IMG_8467.jpg
しっぽりと暮れた頃合いには、船は東京湾に移動、お台場の夜景を眺めてお開きとなりました。
想い返せは、ビール党の自分が日本酒に目覚める切っ掛けは、伊勢廣の星野大将に進められ
た・・・無理やりかも・・・臥龍梅との出会いでした。
純米酒の美味しさと、お酒の嗜みとをご教示下さった星野さんは英国四駆とお酒の先生です。
IMG_8466.jpg
ナオミ・カンデルさんは明日からのチャレンジの場であるフジテレビさんを屋形船からどんな
想いで眺めていたのかしらん?
ナレーターとして大きく羽ばたいてくれることを祈念して、一路お江戸を後に富士山麓に帰りました。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201804030950
| 社長の小部屋 | NEXT

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].