FC2ブログ
12月7日、アメリカ3日目♪
本日は明日の取材に備えてペンシルバニアへの移動日です。
したがって、午前中はワシントンD.C.観光を楽しもうという寸法で、朝からお散歩でうす。

IMG_1973_2019121515181117b.jpg

ホテルから徒歩15分ほどの所に、海兵隊記念公園があると聞いてやってきました!
はい、「父親たちの星条旗」でお馴染みの硫黄島メモリアルです。
何やら退役軍人さんが沢山集まっており、テレビ局の中継車まで出張って来てましたので、
日本人としては微妙な距離感を保ちつつの見学となりました。

IMG_1987.jpg

10時にホテルをチェックアウトして、支援者様と合流して市内観光へ出掛けます。
まずは映画でお馴染みのリンカーンモニュメント。観光客であふれて居ります。

IMG_1990.jpg

振り返れば、これも見たことある風景が広がります。
ワシントンモニュメントです。
大統領の就任演説はあの下で行われるんでしたっけ?アメリカに来たんだな~と実感。

IMG_1995_20191215151815ca6.jpg

そしてついにやって来ました「スミソニアン航空宇宙博物館本館」です!
今回の市内観光は、支援者様のお車で観光名所に落っことしてもらい、集合時間まで単独
行動です。ちょっぴり緊張しますね(p_-)

IMG_1998_20191215151817770.jpg

エントランスへのチェックゲートは空港並みの厳しさでちょっとびっくりしたもの、入館すると
いきなり「X-1」がお出迎え。人類初の超音速飛行に挑んだ実験機です!(^^)!
もちろん本物ですから、これは興奮ぜずには居られませんが、その興奮を伝える相手もい
ない単独行動が歯がゆい限りです(*_*;

IMG_2005_20191215151821897.jpg

そのお隣には「翼よあれがパリの灯だ」で有名なリンドバーグの大西洋単独横断で有名な
スピリット・オブ・セントルイス号が・・・やっぱり本物です!(^^)!

IMG_1999.jpg

エントランスの周囲にも人類の宝とも言える展示がゴロゴロ。
気になったは黎明期のジェットエンジン。上がドイツ製枢軸式ジェット、下は英国製遠心式
ジェット。軍配はドイツ方式にあがり、現在に至るジェットエンジンの基本形式を確立したマ
スターピース的エンジンです。

IMG_2002_2019121515182016a.jpg

そして宇宙ロケット開発の黎明期に忘れてならない、ドイツ製のV1号とV2号ロケット。
V1号は巡航ミサイルの始祖となり、V2号は大陸間弾道弾の始祖にしてアポロ計画のサタ
ーンロケットに至る系譜の原点になります。
かつての敵国ドイツのロケット兵器も、工業製品のエッポクとして公平に展示するあたりに、
戦勝国の余裕と言うか、アメリカの懐の深さを感じます。

IMG_2031_201912151518277e4.jpg

たっぷり4時間ほどスミソニアンを見学したあとは、さらにホワイトハウス見学にチャレンジ!
グーグルマップを頼りに歩いていると、人だかりがある一角を発見♪
辿りつたら、ニュースでよく見る風景ですね。これはやって来ました感が溢れます(; ・`д・´)

IMG_2027_201912151518263a8.jpg

しばらく散歩していると、マリーンワンが上空通過♪
トランプ大統領が乗っているかもしれないと思うと、本当にアメリカに来たんだと改めて実感し
ます。

写真にもありますが、あたらに半旗掲揚されているので誰の命日だろうと考えましたら、太平
洋戦争開戦の日・・・リメンバー・パールハーバーの日でした。

ちょっと日本人観光客は肩身が狭いですね。

ということで、夕食までにペンシルバニア州へ移動すべく一路車を西へ走らせます!

つづく
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201912072016
<<12月8日ペンシルバニア州にて「くろがね四起」と対面♪ | 社長の小部屋 | 12月6日、アメリカ東海岸2日目♪>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 社長の小部屋 |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].