EVデロリアン
幽霊会員と化してはいますが、DOC(デロリアン・オーナーズ・クラブ)会員だったりします。

先日webニュースで気になっていた、デロリアンの電気自動車発売の知らせについて若干の情報がありました。
dolorean01-e1319026479586.jpg
DMC社はご存知の通り、倒産してしてしまいたが、現在も部品供給会社としてアメリカで存続しています。
大風呂敷を広げて倒産したDMC社ですから、カレージビルドのバックヤードメーカーとは違い、フレームから始まる補修部品は大量にストックされています。
それらを使って、細々リファービッシュ・デロリアン(新車コンディション)が作られていたのですが、今回はそれの電気自動車版が発売されるという話です。
写真を見るとマフラーがあるべき位置に、モーターが見えますね♪

先週、アメリカ訪問して現車を見てきたDOC会長に、次回お会いしたときに詳細を聞き出そうと思いますが、ちょっぴり早耳情報です。
走らせると、モーター音しかしないので静か・・・そのためキシミ音などが気になるとか!?
バックボーンフレームにFRPボディーをマウントしているので、ねじれ剛性は高くない車なのです
っま、ご愛嬌と思うしかありません。

0001551_2.jpg
当たり前ですが、エンジンルームにはエンジンに換えて、モーターとバッテリーが搭載されています。
リアエンジン、リア駆動の車はEV化するのにレイアウトが楽そうですね。
フロントのステアリング系は全く改造しなくて済みます。

ドライブシャフトがモーターの前方に見えます。
デファレンシャルを介して、モーター直結のようですね。

気になるのは充電ユニットの方式、回生ブレーキの有無、エアコン有無などです。
町工場や、モータースレベルの内燃機関を電気自動車化する改造EVコンバートでは、この辺が弱いのです。
曲りなりにも、メーカーが送り出してくる訳ですから、回生ブレーキとエアコンは必須でしょね。

日本の急速充電スタンドに適合して、航続距離が200kmくらいあれば欲しいでね♪

発売が待ち遠しい一台です。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201110222125
<<舶来品 | 社長の小部屋 | 近況報告・・・>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 社長の小部屋 |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].