fc2ブログ

たくさんのご来場ありがとうございました!

天候にも恵まれ、東は仙台、西は神戸から参加してくれた15名のボランティアスタッフと多数のご来場者に支えられ、盛会の内に講演会を無事に終了致しました。

IMG_0798.jpg IMG_0799.jpg
この様な催し物はカマドでは初めての試みなので、準備は早めにスタート。開場の4時間ほど前から準備スタートです。看板の製作など学生時代の文化祭を思い出しますね♪パンフレットの折込は人海戦術。

IMG_0802.jpg IMG_0825.jpg
快晴の富士山を背景に、会場である御殿場市民会館に看板が立ちました。エントランス中央には、映画やTVの大道具を提供している「リエナクターズギヤー」様の協力で実物大95式軽戦車が出現!

IMG_0824.jpg IMG_0826.jpg
富士宮「若獅子神社」ホームページ管理人様の協力で、戦時中の戦車兵用帽など貴重な資料の展示が実現。若獅子会も高齢化が進み、「若獅子神社」とその収蔵品の管理も今後の課題です。一人でも多くの方に下田さんが持ち帰られた「帰還戦車」を知って頂き、神社に足をお運び頂ければと思います。
ずらりと並んだ1/35スケールのプラモデルは「静岡AFV友の会」様の協力で展示が実現致しました。サイパン戦時に下田さんが搭乗していた「95式軽戦車」をはじめ、靖国神社に奉納された「みたて号」もこの日のために再現して製作して下さりました。ありがとうございます。

IMG_0805.jpg IMG_0807.jpg
12時30分頃からポツポツとお客様がご来場開始。展示品を興味深く見学しておられます。13時の開場を少し早めてホールへ入場していただき、予定通り13時30分より開演となりました。

IMG_0813.jpg
講演会終了後、ホールでは「玉砕の鉄獅子サイパンからの帰還」の即売と、著者の下田氏によるサイン会を開催。たくさんの方が列にお並び頂きました。

IMG_0830.jpg
戦いすんで日が暮れて・・・我々が会場撤収している間に、下田氏は地元「静岡新聞」と自衛隊ご用達「朝雲新聞」の取材を受けて頂きました。撤収後は場所を御殿場高原ビールに移して、ボランティアスタッフと御苦労さん会。ホテルのロビーでも話に花が咲き、ハードなスケジュールにも関わらず、愚痴の一つもなく最後までお付き合いして頂けた下田氏には感謝で一杯です。
とにもかくにも、カマド出版部の初めての大イベントも無事終了いたしました。これからもいろいろな企画を立ち上げて参りますので、皆様のご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。


コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労様です。

福島県の宗像です。

講演会の成功おめでとうございます。
写真を拝見しても盛況の様子が解ります。

私も曜日によっては行きたかったです。

Re: ご苦労様です。

宗像さま>
実は、東京でも講演会を開きたいとは思っております。しかしながら、地の利が無い上、スタッフ確保が困難かと思っておりましたが、今回のボランティアスタッフの充実ぶりを見るにつけ、本社スタッフ無しでも東京講演会出来るような気がしてきました。
検討して、実現可能な会場が見つかりしたら当ブログにてお知らせいたします。

お世話になりました

講演会ではお世話になりました。
ライターの山崎です。

日曜朝の解散の際に御礼を申し上げようと思っていたのですが
お会いすることが出来なくなってしまい
きちんとご挨拶も出来ず大変失礼しました。
東京講演実現の暁には喜んでご協力させて頂きますので
その際にはぜひお声をかけて下さい。

なお、お話しした例の企画の件ですが
戸塚氏に実現可能なアイデアを
出して頂きましたので
もう少し煮詰めてみたいと思います。
まとまりましたら
あらためてご連絡させて頂きますので
今後ともよろしくお願い致します。

山崎さま>
お疲れさまでした。次回の企画は現段階では秘密です♪いずれにしろ、これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

小林@御殿場

Author:小林@御殿場
静岡県御殿場市在住
株式会社カマド
代表取締役です。

社長の小部屋

カマド自動車公式HP

 

NPO法人
防衛技術博物館を創る会

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる