M3ハーフトラックいよいよです♪
M3ハーフトラックの燃料タンクです。
防弾ゴムで外周が覆われて居ります。小銃弾や砲弾の破片等で穴が空いてもゴムで覆われているので、燃料の漏洩が最小限で済むようになっております。当時の戦闘機なども同様な構造であり、現物を間近に見る機会はあまりないのでしっかり観察してみました。
IMG_5895.jpg
鉄製のタンク内部は錆ていると覚悟をしてましたが、1980年代まで現役で活躍していただけあって、清掃程度で使用可能という嬉しい誤算です。給油口のフィルターはアルミ製でピカピカで、振動対策なのかネック部分はネジ切りさております。燃料キャップと共同使用になるネック部分ですが、外周を覆う防弾ゴムがそのままパッキンの役目をしている事に感心します。
IMG_5897(1).jpg
エンジン&ミッションが搭載されて、一歩一歩可働状態に近づきます♪
IMG_5900.jpg
カマド本社の大型リフトで作業できるギリギリの大きさと重量です。
各部点検と、ギヤーオイル、デフオイルなど数十年ぶりに交換して、その時を待ちます・・・
IMG_5905.jpg
緊張の一瞬というよりも、動いて当たり前という手順を踏んでいるわけですが・・・

やっぱりクローラーが回ると興奮しますね!!

次回は走行テストの様子をお届け出来るのではないでしょうか?
乞うご期待なのであります(`・ω・´)ゞ
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201704211004
<<「シュタイヤー1500A」の本取扱店 | 社長の小部屋 | 売り物情報♪ベンツ170S>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 社長の小部屋 |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].