FC2ブログ
日本軍九五式軽戦車の里帰りプロジェクト始動!

昨年秋、NPO法人防衛技術博物館を創る会の賛助会員である、シカゴレジメンタルス
の宮崎社長からお電話が掛かってきました。
閉館された嵐山美術館から2004年にイギリス人に買い取られ、欧州に渡った「九五式
軽戦車」を買い戻す気があるか?という内容でした。
もちろん気持ちは満々ですが、先方の売却希望価格が約一億円という個人ではどうに
もならない金額であったため、もろもろ計画を立て、去る3月12日に欧州にて現物確認
と売却交渉を行いました。
hago9.jpg
その結果、一口10万円で1000人の方からご支援を頂き、なんとか日本へ里帰りさせよ
うということでNPO法人防衛技術博物館を創る会理事会で決し、5月10日にプレスリリ
ースさせて頂きました。

早速に産経WESTさんや、HUFFPOSTさん静岡新聞さん乗りものニュースさんに掲載されました。

hago11.jpg
こちらが7割ほど修復が完了した、九五式軽戦車。2005年から10年以上に渡る修復
作業の結果、新車時と同様の機能が復活しつつあります。
hago14.jpg
操行装置は修復は完了し、あとはエンジンの搭載と内部艤装をまつばかりですが、問題
は燃料噴射ポンプが修復不可能なレベルまで壊れていることです。
Injector Pump 当時の純正品
元々がボッシュ製品のコピーなので、ドイツ製の部品で置き換え修復も可能ですが、今回
の修復作業の趣旨から外れます。可能なら当時の日本製の部品を使いたいとのこと。
どなたかお譲り頂ける方はいらっしゃいませんでしょうか?
当時の燃料ポンプの寸法スケッチ

燃料噴射ポンプの位置が、ちょうどバッテリーの真上であり、塩素ガスで軽合金の腐食が
酷くて再利用できません。現地スタッフの手書き寸法図からも、なんとかオリジナルを入手
したいという気持ちが伝わって来ます!!
三菱製空冷ディーゼルエンジンA6120VDe用の燃料ポンプは、製造された時期と、メー
カーにより違いがあり、以下の通りです。「三菱A690RR型」「三菱E型」「新潟鐵工AL6L型」
「神戸製鋼L-5型」
今回付いていたのは三菱製A型とのことでが、上記いずれかのオリジナルであれば型は問
いません。また、神戸製鋼の「L-5型」は昭和40年ころまで生産されていた銘板が確認でき
ますので、戦中に拘らず、捜索範囲を広げて頂きたいです。

ここに噴射ポンプ付きます
当時の三菱空冷ディーゼルエンジン本体のオーバーホールは既に完了しています。
ここに燃料ポンプが付けば、往年のサウンドを響かせて再び動き始めます♪

皆様のご支援、ご協力をお待ちしております!!
ご支援申し込みフォームは、このページ左のメールフォームよりお問い合わせください。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201805301952
<<九五式軽戦車実物大プロップ展示予告! | 社長の小部屋 | 第57回静岡ホビーショー2018終了♪>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 社長の小部屋 |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].