2017年ドイツの旅その3@ムンスター戦車博物館(前編)
ヴィルヘルムス・ハーフェンを後に、一路アウトバーンを今晩の宿泊地ブレーメン方向に・・・
っと、その前にブレーメンをスルーしてムンスターという田舎町を目指します。
一般的なドイツ旅行では、絶対に訪れることは無いであろうムンスター・・・
日本でいえば小山町須走・・・チェコ共和国のレシャニー博物館もそうでしたが、およそ戦車学校
は市街地から程よく離れた森林を抜けると突如として現れます!!
IMG_6926.jpg
戦車学校には資料館が付き物!その名も「ドイツ戦車博物館」、通称ムンスター戦車博物館です。
IMG_6922.jpg
諸々ありまして、閉館一時間半前に現着。すでにドイツ人時間になっているので、なるようになる
という感じでエントランスへ!なんだかお洒落な美術館のエントランスみたいです!(^^)!
「ツバイペルゾーネ ビッテ。ミット クレディットカールテ ベツァーレン ビッテ」と片言のドイツ語で入場券ゲット!
エバーマン夫妻が気を使って、入場料払おうとするので何とか自力で購入しました(; ・`д・´)
もともとのお付き合いがドイツ語の勉強だったので、自力で何とかしないと4人分買っちゃうよ!
って感じのスパルタ教育です。もちろん本当は微妙な距離感で聞き耳を立てて笑ってたと思います。

IMG_3435.jpg
入場するとドイツ戦車の第一号「A7V」がお出迎え。
レプリカとは言え、実物同様に総金属で再現してあるので、存在感半端ないですね。
一人余韻に浸っていると、博物館スタッフがトコトコといらっしゃいまして、ニコニコと
「英語話せますか?」と聞いてきたので、夫婦で同時に「イエス ア ベリー リトル!」
と自信満々に応えたのでした!えっへん(*^^)v
「あんたたち入口でノンビリしていると、あと一時間で見学終わらないよ!」(←何となく
理解した内容)とにこやかに宣言して立ち去って行きました( ゚Д゚)

IMG_3447.jpg
ではではアドバイスに従って、速やかに見学開始しますが、次々に引っ掛かって中々前へ進めません!?
Ⅳ号戦車は最近見慣れた感じですが、やはり本物の質量感というか、存在感は半端ないですね・・・
しかし、実物を見ると逆にWetaWorksの製作品質の高さを実感するところでもあり、ガルパンⅣ号戦車
実物大模型は見てるだけなら実物の存在感を感じられるのかもしれません、触ってしまうと材料が判っ
ちゃいますからね~( ..)φメモメモ
IMG_3451.jpg
ああ、こんなことでは閉館時間までに出口に辿り着けずに、博物館に閉じ込められて夢の戦車でご一泊
になりかねません!どんどん進みたいのに、ティーガー1型が登場!
予備履板による増加装甲が重々し過ぎます(@_@)

ここで数分間魂を抜かれていると、さっきの小父さんが笑いながら通過。
(はいはい、急がないと間に合わないよ!)←オーラが出ていました(笑)

IMG_3452.jpg
そんな前途多難なムンスター戦車博物館にはケッテンクラートが2台展示されていました。
一台目は三色迷彩も鮮やかですが、コーションプレートを見ると1945年製造で車体番号は
058の三桁。出ました戦後生産された550台程の一台です!
これは貴重ですが、やっぱり戦中モデルにコンバートさており可哀そうです((+_+))
IMG_6829.jpg
こちらのもう一台も1944年中以降の生産最後期型で、上記車両と同じような形状です。
残念ながらデータプレートは失わており、打刻なしの複製品が取り付けてありました。
車台番号は塗料塗り固められ、判別不可能・・・後ろ髪を惹かれつつ、先を急ぐことに
致しましょう!
果たして閉館時間までにゴール出来るのか!!
・・・続く('◇')ゞ
別窓 | ミリタリー | コメント:1 | トラックバック:0
201709121847
オペル・マウルティアの売り物情報!
ドイツの旅番外編というか、初めての売り物情報に興奮気味で書き込みます(; ・`д・´)
IMG_7191.jpg
フルレストア済みのオペル・マウルティア!!
これは素晴らしいコンディションです。ドイツのオークションに出品されるそうですが、
オペル車の個人クラシックカーコレクションが放出された様子。
他にも1936年型オペル・オリンピア(エンジンがケッテンクラートと同じ!)なども、
極上コンディションで出品されています。

€28,000ユーロスタートということで、どれくらいで落札されるかサッパリ判りませんが、
勝手な予測だと800万円くらいではないかと妄想しています。

いずれにしろ鉄キャタピラにゴムパッド無しなので、国内公道走行は無理な一台・・・
ここはグッと我慢して静観しましょう・・・

どのたか自宅の裏山で走らせる用に欲しいという方居ませんか?
入札代行&輸入代行させて頂きます(*^^)v
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201709112137
2017年ドイツの旅その2@ヴィルフェルムスファーヘン
やっとドイツに来たという実感が湧くのが、ハムやソーセージの種類が一杯のビュッフェスタイルの朝食です。
IMG_6779.jpg
ウィルヘルムスハーフェンは、ドイツ北部の港町です。
そのため、お目当てのニシンのマリネも朝食から普通に頂くことが出来ます♪

朝食後はノンビリと運河沿いの遊歩道を港に向かってお散歩します。
磯の香りが強くなり、ドイツらしい実用本位の可動橋(100年は軽く経過してる)を渡ると・・・
トラルフさんが興奮しながら、カメラで写真を撮り始めました!!
IMG_6782.jpg
その先には近代的な駆逐艦が鎮座しています。
この船こそ、トラルフさんが嘗て乗艦勤務したその船ズバリなのだそうです。
2004年から博物館船としてこの地で公開されており、いづれ訪れたいと思っていながら、
機会が無く、今回のミリタリー博物館巡りの旅で20年ぶりの再会を果たしたのでした!(^^)!

IMG_6781.jpg
D186ミサイル駆逐艦「メルダース」は、西ドイツ海軍がアメリカ合衆国に発注して建造した、
リッチェンス級ミサイル駆逐艦3隻の内の一隻(もう一隻はロンメルという名前)で、戦後アメ
リカやイギリスから供与された大戦型駆逐艦と比べ、大幅に対空兵装が強化された艦でした。

IMG_6783.jpg
ちょっと古めかしいレーダーや通信機器、スタンダードミサイルの発射機も、
当時としては最新鋭の頼りになる艦だったことでしょう。
この船で1997年にNATO演習の一翼を担い、テムズ川を遡りロンドンに行ったお話、
地中海を横断して、寄港した先々での楽しい想い出を聴くことが出来ました。

IMG_6786.jpg
こちらが当時の職場である、厨房と兵員食堂。お隣は士官食堂でした。
この遠洋航海時はどうやらトラルフさんは2年兵で、初年兵が部下に数名配属されて
いたので、ジャガイモ運びや皮むきなどの重労働は、部下に指示するだけの楽しい
3か月だったと笑っていたのが印象的でした・・・初年兵の感想は違ったモノだったかも
しれませんね(; ・`д・´)

IMG_6788.jpg
その他にも掃海艇や、戦後ドイツ一号潜水艦の中も見学できますが、潜水艦はハッチから
ラダーを降りて乗艦するので、おデブな人はかなり苦労します。
その他、博物館内にはゼーフント(大戦末期の特攻潜水艦)も展示されており、見ごたえ十分。
雨足が酷くなって来たので、屋外展示は諦めて屋内へ避難、ドイツ海軍史を早足で眺めました。
IMG_6789.jpg
面白かったのは、帝政ドイツ海軍からナチス海軍時代の戦没地図。
日本近海にも1800年代(江戸末期)から、その足跡がありました。
もちろん日本海は「Japanische See」と表記されおり、東の海では
ありませんでした!国際常識ですね(*^^)v

防衛技術博物館には、日本装甲戦闘車両が記した足跡を世界地図で
判りやすく展示したいと思ったのでした。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201709101506
2017年ドイツの旅その1@ブレーマーファーヘン
総合火力演習の余韻冷めやらぬ、8月28日(月)昼飯時の羽田空港。
機材はANA機で羽田発ですが、行先はドイツです♪
IMG_6740.jpg
今回はギリギリまで日程が定まらず、航空券を二週間前に購入するというバタバタ日程です。
出発一か月前の7月下旬を過ぎると、じわじわと航空券の値段が上がり、二週間前ともなるとビックリ価格が続出!
そんな理由で納得できる価格の航空券はフランス・シャルルドゴール空港経由のフランクフルト行きと相成りました。
疲れる・・・まあ、帰りは直行便ということが、せめてもの救いです。
IMG_6741.jpg
全く解らないフランス語ですが「乗り継ぎ」という意味の「correspondance」という単語のみ暗記し、
なんとか乗り継ぎに成功し、無事にドイツに到着。
次なる関門は指定されたホテルへの移動です。
今回は御殿場でドイツ料理店を営まれていたエバーマン夫妻のご厚意にすがる旅なので、
指定ホテルに一泊して翌朝合流すれば怖いものなしという段取りでした。
しかし、そのホテルに辿り着くためには空港からのシャトルバスに乗る必要があり、これが難関でした( ゚Д゚)
前日までイベントその他で大騒ぎしていたので、あからさまに準備不足であります・・・
小一時間の悪戦苦闘の末、何とかバスに乗車、無事にホテルに到着し爆睡(*‘∀‘)
翌朝エバーマン夫妻と2年ぶりの再会を果たしたのであります!!

IMG_6743.jpg
そこからは一路ドイツ北部の港町ブレーマーファーヘンを目指します!
移動距離480kmと聞いてちょっとビビリましたが、アウトバーンを飛ばして4時間の旅でした!
早いですね~((+_+))
そろそろ賢明なる読者の皆様はお気づきでしょうが、今回の旅はドイツ軍用メカ博物館巡りです。
その第一弾は、Uボート21型がそのまま博物館になっている「ヴィルヘルム・バウアー技術博物館」
IMG_6747.jpg
映画「Uボート」に登場する潜水艦とは一線を画する、エポックメイキングなデザインを目の当たりにしてクラクラ(@_@)
一般にイメージする第二次大戦型の潜水艦は、正確には潜水することが出来る船なのです。
実際には攻撃時や、敵から隠れる際に潜水するのみで、通常はディーゼルエンジンで水上走行します。
対水上レーターを装備した連合軍に制海権&制空権を掌握された大戦中期以降のドイツUボートは損害が拡大するのみで、
このままでは完全にUボート戦も息の根を止められてしまうのではないか?
そんな状況下で、潜水したままディーゼルエンジンを駆動するシュノーケルを装備し、
大容量のバッテリーと大型駆動モーターを魚雷のようなスマートな船体に搭載した
高速新型Uボートが開発、量産され実戦配備されました。
IMG_6749.jpg
2階建てになっている船体の上半分が人間の居住空間と、その他もろもろの機器が押し込まれ、
下半分は大量の二次電池がギッシリ!!
しかも、戦闘による破損を考慮して何系統も並列に繋がれ、それを制御する配電盤の大げさなこと!!
見ているだけで塩素ガスにヤラれそうです・・・
IMG_6754.jpg
発令所から戦闘艦橋へ上がるハッチはご覧のとおり塞がれており、ちょっと残念。
しかし操舵手や、潜舵、横舵手の席には座ることも出来ます('◇')ゞ
IMG_6759.jpg
潜望鏡は見えるかな?と期待して覗いてみましたが、残念ながら真っ暗でした((+_+))
IMG_6768.jpg
ディーゼルエンジンが二機並ぶ機関室はオーソドックスなレイアウト。
手前側に巨大な発電モーターがあります。
映画Uボートでおなじみのロッカーアームがむき出しなメカメカしいエンジンではなく、
近代的なエンジンにちょっとガッカリです。
IMG_6774.jpg
こちらは水中で17ノット(時速30km以上)を叩き出す巨大モーター!
従来のUボートは水上17ノット、水中8ノット程度だったのに比べ、
U21型は水中で17ノット以上を発揮したのですから、連合軍の従来型の
対潜水艦戦法と兵器体系は完全に見直しを迫られる状態になる筈でした・・・

が、ここで終戦。

このUボート21型「U2540」も、終戦と共にバルト海に自沈して永遠の眠りにつきました・・・

ところが、それから10年の時を経て再建を図る西ドイツ連邦海軍が彼女を引き揚げて修復。
ドイツ潜水艦の父「ウィルヘルム・バウアー」の名を関して練習艦として就役したのです。
その後退役し、このブレーマーファーヘンで1984年から博物館として一般公開されています。

IMG_6777.jpg
高校生の頃にその存在を知り、是非とも行きたかったUボートを堪能した後は、
ヴィルフェルムス・ファーヘンに移動して、ホテル「カイザー」に投宿。
トラちゃんと二年ぶりの乾杯し、北ドイツ料理に舌鼓を打ったのであります!(^^)!

・・・続く
別窓 | ミリタリー | コメント:1 | トラックバック:0
201709071057
「真夏の戦車祭り」御礼!
8月25日(土)に「社長の小部屋」にて開催されました「真夏の戦車祭り」、
大変大勢の方々にご来場いただき、盛会の内に無事終了致しました♪
IMG_0132.jpg
日常生活の中に戦車がある風景・・・違和感が無いのはガルパンのお陰でしょうか?
IMG_0114_2017090615413148f.jpg
狭い会場に立ち見まで出てしまい、本当に申し訳ありませんでした。
いろいろと濃ゆいお話はさせて頂きましたが、面白かったかどうか?
WGJ様のご協力でネット配信という初めての試みもさせて頂きました。

IMG_0356.jpg
ご登壇頂いたバンダイビジュアルの杉山プロヂューサー、WGJの宮永ミリタリーアドバイザー、
そして司会進行の吉祥寺怪人さん、本当にありがとうございました。

また、遠路遥々ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
次回への励みになりますので、ご意見、ご感想を頂戴できれば幸いです。

別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201709061548
BACK | 社長の小部屋 | NEXT

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].