「防衛技術博物館の設置を実現する議員連盟」設立総会
2010年2月に任意団体として発足し、2011年末にNPO法人となってから6年目にしてやっとスターラインに立ちました。

発足以来、500名を超える賛助会員様に応援を頂き、さらに2014年から2年間はくろがね四起修復プロジェクトに756名にの方からご支援を頂きながら活動を継続して参りました。この間、南方の島国へ旧日本軍戦車の里帰り交渉に出掛けたり、奥浜名湖に沈めて隠された旧日本軍の四式中戦車の探査活動も継続しております。

発足当初より、地元地権者様を始めとする企業や団体等の有力者へのご説明や、国会議員はもちろん、地元駐屯地から始まり、静岡地方連絡本部、陸幕広報室まで趣旨説明に上がりました。この間、地元御殿場市長や市議会議員、市役所職員への説明もこの間繰り返し行って参りましたが、なかなか皆様に具体的なご報告は出来ない状態でした。

その理由の一つは、前例がない大きなプロジェクトに多数の方々のご協力を頂くために、しっかりとしたストーリーを作ってからの情報開示をするという前提があったからです。そして、今回ストーリーの序章と言える動きがありましたので情報共有させて頂きます。

去る6月14日(水)15時より衆議院第二議員会館の会議室に於いて「防衛技術博物館の設置を実現する議員連盟」の設立総会が開催されました。
IMG_0112.jpg
話は今から数年をさかのぼり、くろがね四起修復プロジェクトが開始される少し前のこと。国会でもドイツ通として知られる静岡7区選出の城内実先生(写真右端)から当会の活動に直接応援のお申し出を頂き、賛助会員に入会して頂いたことが切っ掛けでした。
その後、くろがね四起修復が完了するや、新聞雑誌、テレビ等で取り上げて頂いたこともあり、城内先生が石破茂先生と雑談された中でたまたま当会のお話となり、今回の議員連盟発足に繋がるのです。
髭の隊長こと、佐藤正久先生の事務所にも、当会発足時から本当にお世話になっており、それらのご縁が今回の議連に綱がっていく様子は、本当に不思議な思いを感ぜざるを得ませんでした。

IMG_0121.jpg
15時から始まった総会は、30分程度で散会となるかもしれないし、盛り上がれば最大16時までの一時間と伺っておりました。
結果は16時までの盛り上がりコースであり、散会後の中谷会長、石破会長代行、浜田副会長、城内事務局長と談笑する若林御殿場市長の笑顔がすべてを物語っています。

防衛省の陸上幕僚監部防衛部長より、各国の軍事博物館の状況について報告も頂きました。
現地の駐在武官より調査頂いた概要は、情報の鮮度と確度が高く、本当に勉強になりました。
IMG_0128.jpg
普段はつまらなそうな顔をしていることが多い自分も、笑ってます!(^^)!

今後は秋に予定されている次回会議に向けて、どのような規模、内容の博物館が理想的なのか?
いよいよ実際に青図面を描く作業が始まります。

引き続き皆様の御支援と、ご指導をお願いする次第です。

って、何をすればよいの?と思った奇特なあなた様、賛助会員ご入会をお待ちしております。m(__)m
別窓 | ミリタリー | コメント:1 | トラックバック:0
201706171012
M3ハーフトラック走る!?
コア交換したラジエーターの取り付けが終わり、無事にM3ハーフトラック走りました!(^^)!

サブタンクが綺麗に見えていただけで、錆錆でご臨終していたことが判明・・・
まあ、とりあえず動かすのに支障はありませんが、部品の取れるうちにアメリカからお取り寄せという感じです。

諸々重なって忙しいですが、ちょっとづつ全てが前進中で嬉しい限りです。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201706142232
リファービッシュ・シュビムワーゲン完成♪
チェコ共和国より二年越しのレストア作業完了のお知らせが来ました♪

まるで新車の様な仕上がりはリファービッシュならではです。

フレームやミッション、フロントデファレンシャルなどはオリジナルを修復して搭載。
ボディーパネルは完全に新規部品で組み付けされています♪
100_4789.jpg
お客様からのご依頼でリファービッシュ・シュビムワーゲンを注文しておりましたが、
この度、予定より半年以上遅れて何とかロールアウトしたのこと

想い返せばこの間、くろがね四起修復プロジェクトやM3ハーフトラック修復作業、
はたまた愛媛県からのジープM38寄贈物件の修復など重なるときには重なるもんだ~
などど自分を鼓舞するしかない状態で、シュタイヤー1500Aの本を執筆してた訳です・・・
100_4794.jpg
そんな理由でオーナー様には大変ご迷惑をお掛け致しましたが、
なんとか彼の国を5月中には出国手続き出来そうですm(__)m

エンジンは戦後の1200ccを搭載した日常使用も安心バージョン
このエンジンなら日本国内でも部品に困りません。
1_20170519140355be2.jpg
機械的な部分もご覧のように新品同様にリファービッシュしてくれるのです。
ペダル類は当時のオリジナルですが、ネジやスプリングはすべて新品交換です
2_20170519140357945.jpg
シュビムワーゲン購入時に一番気を付けなくてはならないのがコチラ!

フロントデファレンシャルは4輪駆動時に前輪に動力を伝達するための部品です。
キューベルワーゲンや戦後のビートルには使用されない部品なので、オリジナル
を入手するしか方法はありません。
こいつが欠品していたり、壊れていると4輪駆動になりませんし、水上から陸上に
戻る際に最初に設地する前輪が駆動しないためにとても大変な思いをします。

そうなんです!水陸両用とフロント駆動はセットなんです!

RRのVWは水上走行用のスクリューを回すのに都合は良いのですが、上陸時に
すこぶる困るのです。したがってVWビートルベースでシュビムワーゲンを複製
した場合にはとても緩やかなスロープがある場所でないと上陸できない事態が
容易に想像できますね。
これがレプリカ製作が盛んな欧米でもシュビムのレプリカが生まれない理由の
一つだと思います。
まあ、水上走行させなければ問題ないのですが、それではシュビムの形に拘る
必要もないのですから、皆さんキューベルワーゲンの複製に走るのでしょうね。

とにもかくにも、晩夏か初秋にはオーナー様のところにご納車できると思いますので、
これでまた一台、公道を元気に走るWW2ドイツ軍車両が国内に増えますね♪
別窓 | ミリタリー | コメント:2 | トラックバック:0
201705191443
静岡ホビーショー2017終了♪
今年も怒涛の如き4日間が無事?に終わりました~!(^^)!
IMG_6021.jpg
静岡ホビーショー2017のカマドブースは「くろがね四起」と「シュタイヤー1500A」の展示がメインでした。
会場スペースの関係でM16スカイクリーナーの展示が出来ないということで、いろいろと予定変更がありました。
M16は来年のお楽しみです~♪
IMG_6034.jpg
業者日初日の夜は、毎年恒例のファインモールド鈴木社長と情報交換を兼ねた懇親会を実施
IMG_6022.jpg
〆のラーメンはいつもの「川しん」さんの麻婆ラーメン

IMG_1848.jpg
大変お忙しいにも関わらず、会場を隅々まで挨拶に回られる田宮俊作会長には本当に頭が下がります。
「くろがね四起」を見て頂くことが出来て、さらに「くろがね四起修復記録DVD」の取材願いをご快諾頂きました♪

順調にスケジュールを消化し「シュタイヤー1500」の本も好評で意気揚々とツインメッセを後にした最終の最後に落とし穴が・・・
IMG_6108.jpg
帰路の東名で再生タイヤがまさかのバースト
・・・正確には想定内です。

とにもかくにも中途半端なところで亀裂が止まってくれて良かったです。
これが一周ベロリと剥がれていたら大惨事になるところでした・・・

ああ、本当にびっくりしましたが、無駄に場数を踏んでいるのでロードサービスをお願いして無事に帰還。

東欧製の再生タイヤはどうも怪しいと思ってはいたのです・・・
今回はしっかり空気圧を確認しなかった当方のミスが原因だと思われます。
が、しかしですよ、やっぱり信用ならないので早速新品タイヤを4本チェコに注文します!!

そんなこんなの大冒険で今年のホビーショーもお終いです。
カマドブースにご来場頂いた多くの方々にありがとう!そしてまた来年お会いしましょう(^_-)-☆
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201705161704
GWの工作終わりました♪
GWの最終週末、カマド本社は平常営業です。
ということで、こどもの日の夕方にはGW期間中の課題は無事に終了致しました♪
IMG_5998.jpg
まずはM3(M16)ハーフトラック本体の全塗装は無事に終了!(^^)!
IMG_6005.jpg
お外に引き出すとご覧の様な感じになります。
写真から色調を判断するのは本当に難しいと、上記二枚の写真を見比べて感じます。
蛍光灯か?太陽光か?という違いが一番大きいですが、逆光や光の向き、背景などにより色味は異なります。

車輛の塗装再現に際していつも悩むのは、印刷物等を通じて刷り込まれたイメージと実車塗料の違いです・・・
こうして撮影してみると納得するのですが、その前段階で塗装色を決心するのは中々の勇気と経験が必要なのです('◇')ゞ

IMG_6001.jpg
もちろんボンネットフードもちゃんと塗装しました。
こいつが重たいのなんのって、おそらく200kgくらいあるのではないでしょうか?
おとな5~6人居ないと動かすことも出来ません・・・
フォークリフト等がないと本当に嫌になる重さです。

ハーフトラックでこんな感じですから、戦車の修理はもっと忍耐力と機材を必要とするに違いありません!
いろいろと次の段階に向けて準備に入るつもりであります!!
別窓 | ミリタリー | コメント:2 | トラックバック:0
201705060917
BACK | 社長の小部屋 | NEXT

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].