本日の納車♪
今日の午前中は文字通り雲一つない秋晴れで、富士山がとても綺麗に見えました。
IMG_5018.jpg
そんな好天の午前中いっぱいかけて、初めての軍用自動車&クラシックカーオーナーになられるお客様に運転操作方法のレクチャーという名目で、楽しいドライブを満喫させて頂きました。

1942年製のウィリスMBジープです。

悔しいですが、とてもくろがね四起と同年代の車とは思えない仕上がり・・・

なんの儀式もなく、普通に足車として使えますからね~( ゚Д゚)

いずれせよ、オーナー様と車の両方にとって良い出会いでありますように!(^^)!
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201611131927
ホワイト社の大型エンジン
くろがね四起の修復も終わり、中断していたM3ハーフトラックのエンジンのオーバーホール再開です。
IMG_4988.jpg
本日は巨大な直列六気筒エンジンの作業用に、専用作業台を溶接して作製して頂きました。
エンジンを台上に固定するのも大騒ぎです!

何とか無事に収まったホワイトエンジンと、エンジンだったら任せて安心のベテランTメカ。

さてさて、一年以上前に購入したエンジンオーバーホール・キットを在庫部品の山から探し出す作業からスタートです。
年内にはエンジン組み付けが終わると良いですね~(; ・`д・´)
別窓 | カマド本社 | コメント:0 | トラックバック:0
201611111556
困ったときの富士山(2016.11.4)
IMG_4970.jpg
御殿場の朝は冷え込みが厳しくなりました。
で、富士山に目をやるとご覧のとおり・・・(; ・`д・´)
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
201611040943
くろがね四起の里帰り
くろがね四起の製造メーカーである日本内燃機は、激動の戦後を生き抜くことができず、1958年にそのブランドを東急に売却。
その東急も自動車産業の荒波にもまれ、1962年に自動車事業から撤退、日産に事業を売却しました。
これにより日本内燃機とそのブランド名である「くろがね」は、日本自動車工業史の歴史の1ページとなってしまったのです。
DSC04176.jpg
日本内燃機の寒川工場が所在した場所は、上記経緯を経て日産工機会部式会社となっております。
くろがね四起にとっては生まれ故郷の一つである寒川の地に、展示させて頂く機会を頂戴しましたのでご報告致します。

DSC04055.jpg
寒川工場の稼働は昭和16年頃のようですから、くろがね後期型の生産の地。
この前期型はおそらくは東京大森工場での生産と思われますので、親戚のお家を訪ねるようなモノですね。
しかしながら戦時中は同じエンジン音を響かせて、くろがねが走っていた同じ場所を走らせることが出来たことに感無量です。

IMG_4946.jpg
日産工機モデラーズクラブ展が開催されており、そこで素晴らしい作品に出合いました!!

IMG_1005_20161101161458ad2.jpg
製作者様と記念撮影♪
毎年静岡ホビーショーにもいらしているそうなので、来年のモデラーズギャラリーでの展示を楽しみにしておりますね!!

IMG_4934.jpg
修復前のくろがね四起を丁寧に再現して下さっております。
眺めていると感無量であります・・・

いろいろな次元で、多様な形で、多くの人に支えられて、くろがね四起はこれらも元気に走ることが出来るのでしょうね。

感謝、感謝です。
別窓 | ミリタリー | コメント:2 | トラックバック:0
201611011629
陸上自衛隊中央観閲式
秋晴れの10月23日(日)、朝霞駐屯地で開催された自衛隊観閲式に行って参りました。
IMG_0848_201610281839283fc.jpg
日章旗の背景はブルーインパルス!(^^)!
今回人生初の中央観閲式見学ですが、東方オピニオンリーダー拝命中ということで、とても良い席で観覧させて頂きました。

IMG_4884.jpg
観閲官である安倍首相が主催者である稲田防衛大臣と入場。
その後方に整列しているのは防衛大学の学生さんです。
日本の国防の将来を背負う若者たちの凛々しい姿に、おじさんは安心しました。

IMG_4891_20161028183931601.jpg
車両約280両、航空機約50機、人員約4000名が参加した大パレードですが、自分が一番印象的だったのはこの一枚。
87式自走高射機関砲の一群です。
東富士演習場では、総合火力演習の時に数台を見る程度であり、まとまった数を見る機会はありません。
この手の車両はやはり数が勝負です!
戦車や戦闘機などの、主力装備に目が行きがちですが、相手方にとって嫌なモノ(抑止効果の高い装備)をもっと大切に育てて行く必要があると感じます。

IMG_0919_20161028184010382.jpg
今回初めて見学した観閲式と申しましたが、今回から74式戦車がパレードから外れたそうで寂しい限りです。
しかし、装備品展示会場で74式戦車を発見!!
掩体壕で待ち伏せする状況を再現してあります。

IMG_0893_20161028184008ec9.jpg
綺麗に作られたプラモデルのジオラマみたいですが、駒門駐屯地「第1機甲教育隊」の力作とのこと。
土嚢の積み上げは、もはや石垣レベルですね(; ・`д・´)


IMG_4899.jpg
そして74式戦車の後継である、16式機動戦闘車の展示も・・・
実は実車を見るのは初めてでした。これは日本の国土にあった装備品だと思います。
まさに相手が嫌がるモノですね。ただし、それなりの数量があればです・・・是非とも大量配備をお願い致します。

来年は富士総合火力演習でその機動力をお披露目して頂きたいですね~!(^^)!

別窓 | ミリタリー | コメント:2 | トラックバック:0
201610281903
横浜都築区「介一家うりゅう」さん
海外からの車両輸入時にお世話になる、先輩がお勤めの会社が横浜は都筑区にございます。
IKEA港北店のご近所なのですが、その会社の社長さんのfacebookに頻繁に登場する「介一家」さんのネギラーメンが気になっておりました。
IMG_4783.jpg
で、最近お伺いする機会があったので挑戦したところ、なかなかのお味!(^^)!
所謂、横浜家系本流ではなく、六角家さんからの別れになるそうです。
下田の吉田家さんなんかと似た感じなので、これは毎日通っちゃうのも頷けます。

本家本流のパンチは無い代わりに、マイルドなスープは飽きがきませんね。
IKEA港北店のお隣なので、お出かけの際には是非ご賞味ください。


本当に久しぶりのラーメンブログになりました・・・やっと平常運転です(*´ω`)
別窓 | ラーメン | コメント:4 | トラックバック:0
201610091141
「くろがね四起」展示します!
想い返せば長いような短いような、くろがね修復に掛けた3年間。
そんな想い出に浸りながら、社長の小部屋に「くろがね四起」を運び込みました。
IMG_4791.jpg
背景の九五式軽戦車との組み合わせが凄いですね~♪

10月の開館予定はコチラからご確認ください。

10月の開館日には、自分も説明要員として詰めております・・・
って、聞かれなくてもいろいろとおしゃべりしてると思います( ゚Д゚)

くろがね四起修復はまだ完全ではありません。
今後の予定としては、専用タイヤへの交換、後部内装の復元などまだまだ費用が掛かります!
「社長の小部屋」は入場無料ですが、皆様からのドネーション(寄付)によって運営されておりますので、展示内容に満足された方は受付の募金箱にお心遣いお願います。
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
201610081143
くろがね四起修復お披露目会の余韻・・・
影山夙さん未亡人からご提供された資料写真と同アングルで修復完成車を撮影してみました!(^^)!
添付2
添付4
白黒写真は昭和12年頃、東京大森工場で撮影されたメーカー記録写真。
添付3
添付5
生産年度やボディー納入メーカーの違いにより細部形状が違います。
・・・決してレストアの間違いではありません!念のため(; ・`д・´)
側面から見ると幌骨の形状や、ボディー内寸が違うことが判ります。
同じ3型でも昭和11年モデルと昭和13年モデルでは、ボディー後部が拡充されて内部容積が広くなっているのが判りますか?

改めて完成車と当時の記録写真を見比べると新たな発見がありますね(p_-)
別窓 | ミリタリー | コメント:2 | トラックバック:0
201609292256
くろがね四起のお披露目会が終わりました~♪
9月24日(土)の特別内見会、25日(日)の一般お披露目会が終りました~!(^^)!
IMG_4754.jpg
24日(土)は11時過ぎから土砂降りになり、体験搭乗会が出来なかったことが悔やまれますが、泣く子とお天気には勝てません。
幸いにも10時からの報道公開は、何とかお天気が持っている間に終えることが出来ました。
今後も各種雑誌等の媒体に取り上げられると思いますので、お楽しみに!!

DSC_0342.jpg
こんな事もあろうかと思って、雨天時の開催場所(同会場内のホテルエントランス)へ異動を決心。
有能な下士官がいる部隊はやはり強いのです(; ・`д・´)
内見会には300名以上の支援者様がいらっしゃる予定だったので、誘導残置要員や、機材移動要員など、事前の計画通りに土砂降りの雨の中で部隊?移動は滞りなく終了しました。

DSC_0295.jpg
雨の中、埼玉県より駆けつけて下さった大塚康生先生にテープカットにご協力いただき、助手席で記念撮影もして頂きました。
軍用自動車研究の大先輩に、ちょっぴりお恩返し出来た気がします。

実はこの際に突如として、19歳の時の記憶が蘇ったようで、助手席の横に将校用の軍刀置きがあったとお話が始まりびっくり!!
後期型には車体後部に横向きに軍刀置きがあったことが、資料写真からも確認できるので、前期型に同じ設備があっても不思議ではありません。むしろ、助手席横に用途不明の謎の金具が残っているので、それが軍刀置きの一部であったと考えるとしっくり来ます。

これからもくろがね前期型の内装については発見がありそうなので楽しみです!

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!(^^)!
別窓 | ミリタリー | コメント:1 | トラックバック:0
201609271015
そろそろ締め切りが・・・
この夏発売予定だった「STYER1500A」の本ですが、よくある理由で発売が遅れております・・・
DSC_0356.jpg
勢い込んで走行写真を撮影したのは、青葉がまぶしい季節でした・・・・(遠い目)

モスクワで車両取材出来たり、写真を提供して頂いたりと、新ネタも入手できたことも一因ですが、自分の手が回らないということに尽きます。くろがね四起の修復もやっとひと段落して落ち着いたので、夜が長くなるこれからの季節にしっかり執筆活動に勤しみたいと思います。

IMG_4567_20160902105339b5b.jpg
佐藤元信画伯からは、すばらしいメカニカルイラストも先週納品されていますので、急いで形にしなくては・・・(汗

この本が形になったら、お次はもちろん「くろがね四起」の本ですね!
別窓 | 出版関係 | コメント:2 | トラックバック:0
201609131325
BACK | 社長の小部屋 | NEXT

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

copyright © 2006 社長の小部屋 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].